組立説明書は僕等のバイブル!

【目次】

  1. 組み立て前に説明書をよく読もう
  2. 組み立て手順に合わせた袋分け
  3. 間違いやすいネジのサイズは原寸で表示

組み立て前に説明書をよく読もう

博士、いよいよ組み立て開始だねっ!なんだかワクワクしちゃうよ~。早く始めよう!

まぁそう焦るんじゃない。まずは組立説明書をじっくり読んで、組み立ての流れをつかむんじゃ!

ドリフトパッケージのキットには詳細な組立説明書が付属

ドリフトパッケージには図解付きで分かりやすい組立説明書が付属する。初めはちょっと戸惑う部分もあるかもしれないが、1ページずつ手順を追って組み立てていけば問題なく組みあがるはずだ。できれば組み立てを始める前に一通り目を通しておき、全体の流れを把握しておくといい。

組み立て手順に合わせた袋分け

部品の入っている袋に番号が書いてあるのはなんで?

 

組立説明書の手順に合わせて部品の袋にも番号が振ってあるんじゃ!その工程で使うねじ類も一緒に入っているから、組み間違いも少ないぞぃ。

 

キットに入っている部品はすべて工程に合わせて小分けされ、説明書の手順に従って開封していくことで、組み間違えを最小限に抑える工夫が施されている。使う部品ばかりでなく、ねじ類もすべて工程に沿ったものが入っているのでわかりやすい。

間違いやすいネジのサイズは原寸で表示

ねじがたくさんあるけど、どの長さをどこに使うのかわかんないや・・・

 

組立説明書には、その時に使うねじの種類が実際と同じ大きさのイラストで載っているから、簡単に見分けることができるぞぃ。

 
組立説明書にはねじのサイズを原寸で表示

工程によっては何種類かのねじが使われている部分もあるが、組立説明書にはねじのイラストが原寸で書かれているから、慣れない方でも間違えることは少ないはずだ。他にも長さの調整が必要な部分や微妙なサイズ違いのある部品、取り付け方向の指示なども細かく記載されている。組み立てに迷ったら説明書をチェックすると、何かヒントがつかめるはずだ。

ヨコモ公式サイト 通販サイト